【シマノのポイズンアルティマ170Mのインプレ情報】クランクとかで使ってみたい

ベイトロッド

ダイワのハイエンドといえばスティーズ。

そして、

シマノのハイエンドといえばワールドシャウラよりもポイズンアルティマという人も多いのではないでしょうか?

そんなバス釣りのハイエンドシリーズのなかでもクランクベイトを使うことを意識して設計されているロッドがポイズンアルティマ170Mのようです。いったいポイズンアルティマ170Mはどんなスペックのバスロッドなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではシマノのポイズンアルティマ170Mのスペックとインプレ情報について紹介します。

シマノのポイズンアルティマ170Mのスペック

シマノの公式ページによるとポイズンアルティマ170Mはクランクの振動をフルに引き出すことを意識して設計されている高弾性クランクロッドのようです。

クランクロッドといえばグラスロッドだったりグラスコンポジットというイメージがありますが、ポイズンアルティマ170Mはそういったロッドとは違う感じで設計されている感じがしますよね。

・7フィートでMパワー

・ロッドの重さが105g

ロッドの重さが105gと軽量なのもうれしいポイントですよね。

一日中キャストするような状況ではこういったロッドの軽さは体の負担を軽減してくれそうですよね。

・ルアー範囲が7から21g

・ライン範囲が8から16ポンド

もしポイズンアルティマ170Mを使う機会があったらメタ二ウムのような軽量リールと組み合わせてブリッツとかワイルドハンチのようなシャロークランクをひたすら巻くような釣りで使ってみたいですね。

シマノのポイズンアルティマ170Mのインプレ情報

シマノからポイズンアルティマ170Mのインプレ動画が公開されています。

実際に秦さんがポイズンアルティマ170Mをキャストしながらインプレしてくれている内容になっています。

カルコンと組み合わせたてゴリゴリ巻くような釣りも楽しそうですよね。

引用:シマノ

https://fish.shimano.com/ja-JP/product/comparison.html?pcat1=cg1SHIFJpRod&l1pcat2=cg2SHIFJpRodBass&l1pcat3=&l1cdn=a071000002Nx8ZYAAZ_p&l1lsc=5COPB1706

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました