ビックベイトで使いたいタトゥーラTW400の特徴とインプレ情報は?

ベイトリール

昔はジョイクロマグナムが一番デカイといった感じだったんですけど、

尺ワンだったりマザーなんかの登場により、どんどんビックベイトの釣りも幅が広がっていますよね。

 

デカイルアーで釣る人は偉い!

僕はなぜかそう思ってしまうんですw

 

そんなビックベイトのデカイルアーを使うときに意識したいのがロッドとリールとラインですよね。(つまり全部)

ということで今回はビックベイトの釣りで使いたいダイワのタトゥーラTW400の特徴とインプレ情報をまとめたので紹介していきます。

ダイワのタトゥーラTW400の特徴

・43ミリ径スプールでPE6号が180メートル巻ける!
・ハイパードライブデジギア
・ハイパーダブルサポート
・ハイパーアームサポート
・ハイパータフクラッチ
やはりタトゥーラTW400のグッドなところはTウイングシステムを搭載していて、PE6号が180メートルという豊富なラインキャパにありますよね。
ちなみにPE6号が180メートル巻けるというのは、
大体、ナイロンライン30ポンド180メートル巻ける計算になります!
釣り場でライントラブルでラインが減少しても、タトゥーラTW400ならそのまま釣りをしていけるほどの糸巻き量を持っているのではないでしょうか?!
タトゥーラTW400は、尺ワンなどのマグナムベイトをナイロンラインなんかの30ポンド以上で釣りをする人にとってはチェックしておきたい機種ですよね!

奥村和正プロによるタトゥーラTW400のインプレ

奥村和正プロがタトゥーラTW400のインプレをしてくれています。

ビックベイトといえば奥村さんという感じですが、そんな奥村さんのタトゥーラTW400のインプレはチェックしておきたいところです!

まとめ

ビックベイトの釣りって、あと10年ぐらいしたら、

2リットルペットボトルなみのボリュームのあるルアーを投げているのが普通になっていたりしているのではないかと考えてしまいます。

 

そんなビックベイトの釣りでガチで釣りをしていくならタトゥーラTW400という選択もアリではないでしょうか?!

コメント

タイトルとURLをコピーしました