【ダイワのブラックレーベルSG 641ULFSのインプレ情報】ミドストで使ってみたい

スピニングロッド

ダイワからラインナップされているブラックレーベルSG 641ULFS。

ブラックレーベルSG 641ULFSはミドストだったりホバストなんかの釣りを意識して設計されているロッドのようです。

リザーバーがメインで中層の釣りでミドストとかホバストを多用する人はぜひともチェックしたいロッドではないでしょうか?!

 

ということで、

この記事ではダイワのブラックレーベルSG 641ULFSのスペックとインプレ情報について紹介します。

ブラックレーベルSG 641ULFSのスペック

ダイワの公式ページによるとブラックレーベルSG 641ULFSは軽量リグの遠投性能もあって、一定のリズムで引き続けることができて、ライトリグ全般に対応するポテンシャルを持っているロッドのようですね。

ミドストを一定レンジで中層をサーチしたりするような釣りではブラックレーベルSG 641ULFSを検討したいですよね。

もしブラックレーベルSG 641ULFSを使う機会があったら春のリザーバーで0.9gのジグヘッドにフラッシュJなんかを組み合わせてミドストの釣りをしてみたいですね。

・ロッドの重さが86g

・ルアー範囲が0.45gから3.5g

・ライン範囲が1.5から4ポンド

ブラックレーベルSG 641ULFSのインプレ情報

ツイッターにてブラックレーベルSG 641ULFSのインプレ情報などがあったので紹介します。

引用:ダイワ

https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/blacklabel_SG/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました