【シマノのバスワンxt1610H-2のインプレ情報】ヘビキャロで使ってみたい

ベイトロッド

シマノといえばスコーピオンだったりワールドシャウラというイメージがありますが、バス釣りだけがしたいという人はバスワンxtもチェックしたいところではないでしょうか?

さらにバス釣りのなかでもラバージグなんかの打ちものからヘビキャロのような釣りをしたい人はバスワンxtのなかでもパワーのあるスペックのバスワンxt1610H-2をチェックしたいところかと。

いったいバスワンxt1610H-2はどんなスペックのロッドなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではシマノのバスワンxt1610H-2のスペックとインプレ情報について紹介します。

シマノのバスワンxt1610H-2のスペック

・6.10フィートでHパワー

6.10フィートというレングスはピッチングから遠投まで対応できるレングスだったりするのでおかっぱりでパワーフィッシングをしたいという人はぜひとも使ってみたいですよね。

・ロッドの重さが122g

・ルアー範囲が12から35g

35gまでルアー範囲ということでそこまで重くないヘビキャロの釣りにも対応できるのがうれしいですよね。

バスライズだったりのベイトリールと組み合わせてヘビキャロをして釣りをしたらおもしろそうですよね。

もしバスワンxt1610H-2を使う機会があったら琵琶湖の浜でヘビキャロでどんな感じのキャストフィールなのかチェックしてみたいですね。

・ライン範囲が12から24ポンド

ラインが24ポンドまで対応してくれるということなので、太いラインでのカバー打ちができるのもうれしいですよね。

バスワンxt1610H-2のインプレ情報

ツイッターにてバスワンxt1610H-2のインプレ情報などがあったので紹介します。

引用:シマノ

https://fish.shimano.com/ja-JP/product/rod/bass/shimano/a075f00002lloo0qac.html#Specifications

コメント

タイトルとURLをコピーしました