DスタイルのブルートレックDBTC-68Mのインプレ情報!

ベイトロッド

Dスタイルからリリースされているブルートレックシリーズ。

今回はそのなかでもバーサタイルモデルであるDBTC-68Mについて紹介します。

バーサタイルモデルっておかっぱりでもボートでも1本持っておくと便利なロッドですよね。

 

そんなDスタイルのDBTC-68Mの特徴とインプレ情報について紹介します。

ブルートレックDBTC-68Mの特徴

・6.8フィートでMパワー

現代のバスロッドのバーサタイルロッドの定番といったらゾディアス1610Mのような6.10フィートでMパワーというのが多いですよね。

ですが、DBTC-68Mはそういったバーサタイルロッドよりも少しだけレングスが短いのが他と違うところですよね。

6.10フィートではうまく振り切れない。そういった人は少しレングスが短いDBTC-68Mのようなモデルを選ぶのもいいのではないでしょうか?

ちなみにDスタイルの公式ページによるとDBTC-68Mは癖のないテーパーなので投げて楽しいロッドになっているとのことです。

 

確かにバス釣りって、つれない時間帯のほうが長いので、投げて楽しいロッドを使うというのは釣りのモチベーションを維持してくれるうえで重要な要素ですよね。

・ルアー範囲が3/16から5/8オンス

・ライン範囲が8から16ポンド

・ロッドの自重が108g

ブルートレックDBTC-68Mのインプレ情報

DスタイルからDBTC-68Mのインプレ動画が公開されています。

このロッドがどういったバーサタイルロッドなのか青木さんがわかりやすくインプレしてくれています。

引用:Dスタイル

https://dstyle-lure.co.jp/products/blue-trek/

コメント

タイトルとURLをコピーしました