ダイワのスティーズハーミットC64L-SV-STの特徴とインプレ情報は?

ベイトロッド

ダイワから発売されているハーミット。

ハーミットはソリッドティップで繊細なアクションのできるいわゆるベイトフィネスロッドという感じです。

 

そんなハーミットの特徴とインプレ情報をまとめたので紹介していきます。

スティーズハーミット64L-SV-STの特徴

・ベイトフィネスロッドでソリッドティップを採用

・従来のハーミットよりもシャキッと感がアップ

ソリッドティップ採用によりボトム感度アップ

ハーミットはソリッドティップなので、ティップが入ることによりボトムがどういった感じなのかイメージしながら釣りをすることができるようになります。

檜原湖なんかのディープがメインの釣りではかなり役に立ちそうですよね。個人的には軽めのフリーリグをボトムのズル引きなんかの釣りで使いたいですね。

川口直人プロによる檜原湖のハーミット64L-SV-STの実釣インプレ

川口直人プロがスティーズハーミット64L-SV-STの実釣インプレを檜原湖でしてくれています。

川口プロによるとシンカーの着底がはっきりわかるみたいです。3.5gのシンカーのボトム着底がわかるって、かなり感度がいい感じですよね。また川口プロによるキャストをしたときのブレがないからキャストが決まるみたいです!

まとめ

ベイトフィネスって、カバーに絡めて釣るイメージがありますが、ハーミットはボトムでの感度がいいのでディープの釣りなんかでもガンガン使っていきたいですよね。

檜原湖だったり、野尻湖なんかのスモールマウスレイクでボトムをメインに釣りをする人はこういった21年モデルのハーミットを検討するのはどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました