【ノリーズのロードランナーHB660MLS-SGtのインプレ情報】メタルジグの釣りで使ってみたい

スピニングロッド

ノリーズからラインナップされているスピニングメタルという名前がついているロードランナーHB660MLS-SGt。

スピニングメタルという名前がついてあるとおり、ロードランナーHB660MLS-SGtはメタル系ルアーで使うことを意識して設計されているようです。

いったいロードランナーHB660MLS-SGtはどんなスペックのロッドなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではノリーズのロードランナーHB660MLS-SGtのスペックとインプレ情報について紹介します。

ノリーズのロードランナーHB660MLS-SGtのスペック

ノリーズの公式ページによるとロードランナーHB660MLS-SGtはシャキットグラスティップを採用していて、メタル系ルアーのミスバイトが多い釣りを高確率でフッキングを可能にしているようです。

PEラインをセットした真冬のメタルジグによるディープの釣り。

そんなメタルジグの貴重なバイトをキャッチするためにもロードランナーHB660MLS-SGtを検討するのもアリではないでしょうか?

もしロードランナーHB660MLS-SGtを使う機会があったら真冬のリザーバーでメタルワサビーなんかのメタルジグをPEラインを組んでリフト&フォールのような使い方をためしてみたいですね。

・6.6フィート

・ライン範囲が4から10ポンドでPEラインが0.4から1号

・ルアー範囲が8から12ポンド

・ロッドの重さが146g

ノリーズのロードランナーHB660MLS-SGtのインプレ情報

ツイッターにてロードランナーHB660MLS-SGtのインプレ情報などがあったので紹介します。

引用:ノリーズ

http://www.nories.com/bass/rods/voice_hbsp/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました