ダイワのバーサタイルスピニングロッドのブレイゾンS64Lの特徴とインプレ情報は?

スピニングロッド

ダイワで1万円台で購入することができてさまざまなモデルがリリースされているブレイゾンシリーズ。

そんなブレイゾンシリーズのなかで今回はスピニングモデルのなかでもバーサタイル性のあるモデルであるブレイゾンS64Lについてです。

 

ベイトロッドの定番がMパワーなロッドであるように、スピニングロッドの定番はLパワーです。

そんなLパワーであるブレイゾンS64Lの特徴とインプレ情報をまとめたので紹介していきます。

ダイワのブレイゾンS64Lのインプレ情報

・ダイワの公式ページによるとノーシンカーなんかのライトリグだったり小型から中型のハードベイトも扱えるらしい

やっぱりおかっぱりなんかは1本で釣り歩きたいですよね。

そんなときにブレイゾンS64Lのようにライトリグから小型のハードルアーを扱えるのはうれしいですよね。朝夕マズメなんかは広範囲にサーチすることができる小型のトップとか小型のクランクでサーチする。それでいて日中なんかはスモラバなんかのライトリグで丁寧に探る。ブレイゾンS64Lはそんな使い方ができそうなモデルで実際に使って試してみたいですよね。

・ルアー重量が0.9g〜7g

0.9gから扱えるのがうれしいですよね。真冬なんかの厳寒期で1/32オンスなんかの軽いスモラバをズル引きしたりしてどれくらい感度があるのかも試してみたいですね。

・ラインが2.5〜6ポンド

・6.4フィートでLパワー

ダイワのブレイゾンS64Lのインプレ情報

ダイワからブレイゾンS64Lのインプレ動画が公開されています。

実際にプロの方がブレイゾンS64Lをキャストしながらインプレしてくれているのでどういったロッドなのか雰囲気を知ることができる内容になっています。

ちなみにソリッドティップモデルのブレイゾンS64L-STもチェックしておきたいですよね。

→ブレイゾンS64L-STの特徴とインプレ情報

引用:ダイワ

https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/blazon_21/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました