【ジャッカルのビークのインプレ情報】パワーフィネスでの使い方で使いたい

スモラバ

スモラバといえば、フィネスな釣りのオールラウンド的な立ち位置的な印象。

そんなスモラバも時代が進んでさらにある性能に特化しているものが増えていますよね。

今回紹介するジャッカルのビークもそのうちの1つ。

 

ジャッカルから発売されているビークはカバーに吊るして使うことに特化して作られているスモラバです。ジャッカルのビークのようなコンセプトが明確なルアーというのは、釣り自体がシンプルになって釣りのテンポがよくなりますよね。

ビークはヘビーカバー対応なので、ウッドカバーに絡めたりして、スレているバスにもアプローチをすることができます。さらに特殊ヘッド形状を採用しているためカバーにスルリと入るように設計されています。

なので、

カバー周りでちょうちんをして反応がない。ちょっと沈めてまたシェイク。みたいなことがスムーズにしやすくなるかもしれないですよね。

カバー周りで使うということで当然ラインは太くなりますよね。

そうすると気をつけたいのがフック。

フックが弱いと折れたり曲がったりしますが、このジャッカルのビークは太軸を採用しているので太いラインでの使用も考慮されているようです。

ジャッカルのビークのインプレ情報

ジャッカルからビークのインプレ動画が公開されています。

マーモさんが実際にビークを使用してバスをしっかりと釣っています。

引用:ジャッカル
https://www.jackall.co.jp/bass/products/lure/rubber-jig/beak/

コメント

タイトルとURLをコピーしました