ダイワのブレイゾンC610Mのインプレ情報と特徴のまとめ

ベイトロッド

ダイワからリリースされているブレイゾンシリーズ。

コスパがいいといわれているブレイゾンシリーズのなかで今回はブレイゾンC610M。

 

バーサタイルロッドの代表格な610MシリーズブレイゾンC610Mはどんな特徴を持っているのでしょうか?

この記事ではダイワのブレイゾンC610Mの特徴とインプレ情報をまとめています。

ブレイゾンC610Mの特徴

・6.10フィートでMパワー

・ルアー重量が5〜21g

・ロッドの自重が108g

・適応ラインが8〜16ポンド

スタンダードなバーサタイルロッドという感じなスペックですよね。

そして、5gからルアーを扱えるのがうれしいですよね。小型ルアーをメインに扱うベイトリールなんかと組み合わせて軽めのミノーなんかをキャストする釣りなんかも試してみたいですよね。

ブレイゾンC610Mのインプレ情報

ダイワからブレイゾンC610Mのインプレ動画が公開されています。

スティーズミノーだったり、スピナーベイトをつかっておかっぱりでブレイゾンC610Mの実釣インプレをしてくれています。

解説してくれているプロのかたによると巻物もボトムもできて遠投もできておかっぱりには超おすすめとのことを言ってくれています。

これから本格的にバス釣りをはじめたいという人はチェックしておきたいブレイゾンC610Mですよね。

引用:ダイワ

https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/blazon_21/

コメント

タイトルとURLをコピーしました