【22カルカッタコンクエスト200XGのインプレ情報】雷魚で使いたい

ベイトリール

カルコンは見た目がいいけど、

エクストラハイギアがないからちょっと。

 

そんなXGモデル好きな人だったりソルトアングラーからはカルコンを使いたいけど、ギア比的に敬遠していたという人もいるのではないでしょうか?!

 

ですが、2022年に22カルカッタコンクエスト200XGというカルコンからもついにエクストラハイギアがリリースされました。

これによってベイトシーバスだったり、雷魚での釣りでもガンガン22カルカッタコンクエスト200XGを使う人が増えてきそうですよね。

 

そんな22カルカッタコンクエスト200XGの特徴とインプレ情報をまとめました。

22カルカッタコンクエスト200XGの糸巻き量など

まずは22カルカッタコンクエスト200XGのメインであるギア比について。

22カルカッタコンクエスト200XGのギア比は7.5でハンドル1回転あたりの糸巻き量は、

89センチになっています!

 

89センチですよ。従来のカルコンとは全然回収スピードだったり、ジョイクロなんかのビックベイトをリールでアクションさせるときの感じとかが変わってくるでしょうね。

 

気になるところは、22カルカッタコンクエスト200XGはマイクロモジュールギアは当然のこと、インフィニティードライブも搭載されているので他のエクストラハイギアのモデルに比べて、どれだけ巻きの質感が変わってくるのかが気になりますよね。

エクストラハイギアモデルなのに、そこまで巻きが重くなかったらうれしいですよね。

秦プロと奥田学プロによる22カルカッタコンクエスト200XGのインプレ動画

秦プロと奥田学プロが22カルカッタコンクエスト200XGのインプレをしてくれています。

秦さんは22カルカッタコンクエスト200XGをアンタレスと気分によって使い分けようと思っていますというインプレなどをされていました。

奥田さんは22カルカッタコンクエスト200XGは操作の管理がしやすいというインプレをされていました。

引用:シマノ 

https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/baitlurecasting/a075f00003t47fjqab.html#Specifications

コメント

タイトルとURLをコピーしました