【ゲーリーヤマモトの6インチジャンボグラブのインプレ情報】グラビンバズ的な使い方をためしたい

ワーム

ゲーリーヤマモトからリリースされている6インチジャンボグラブ。

ゲーリーヤマモトといえば4インチグラブが定番ですが、6インチジャンボグラブも定番のワームになっています。

 

4インチグラブだとベイトタックルで扱うのがちょっとしんどい。

そんなときでも6インチジャンボグラブならベイトタックルでも問題なく扱うことができちゃいます。

 

そんなゲーリーヤマモトの6インチジャンボグラブの特徴とインプレ情報を紹介します。

ゲーリーヤマモトの6インチジャンボグラブの特徴

・ベイトタックルで扱える自重

ゲーリーヤマモトの超定番ワームである4インチグラブ。

4インチグラブは定番ですが、ベイトフィネスタックルじゃないとベイトで扱うのがしんどかったりします。ですが、6インチジャンボグラブは自重もある程度あるのでノーシンカーリグでも扱うことができるのがいいところですよね。

スピニングが手持ちにないけど、ワームでサクッとサーチしたい。

そんなときに6インチジャンボグラブをベイトタックルであつかってサーチするのもおもしろいかもしれないですね。

・グラビンバズ

6インチジャンボグラブといえばノーシンカーリグでのグラビンバズ。

朝夕マズメなんかでバスの活性が高いときにトップウォーター的にグラビンバズで水面を引くのも釣りの幅が広がっておもしろいかと。

ゲーリーヤマモトの6インチジャンボグラブのインプレ情報

ツイッターにて6インチジャンボグラブのインプレ情報があったので紹介します。

引用:ゲーリーヤマモト

https://www.gary-yamamoto.com/products/grub6

コメント

タイトルとURLをコピーしました