ドライブスティックファットはバックスライドでの使い方で!インプレも紹介

ワーム

OSPから発売されているドライブスティックファット4.5。

ドライブスティックファットはオリジナルのドライブスティックの派生モデルです。

 

ドライブスティックファットはオリジナルのドライブスティックよりも自重を持たせることによって太めのラインでも扱えるワームに仕上がっているみたいです。

そんなOSPから発売されているドライブスティックファットの使い方とインプレ動画をまとめたので紹介していきます。

ドライブスティックファット4.5インチの特徴とフックサイズなど

・ノーシンカーメインで使える

・ドライブスティックよりも自重がある

ドライブスティックよりも自重のあるドライブスティックファット。

強風が吹いていたり、キャスト精度をあげたいときにドライブスティックよりもドライブスティックファットを使用することでより快適に釣りをすることができるのではないでしょうか?

ドライブスティックファット4.5インチのフックサイズは?

ドライブスティックファット4.5インチに最適なフックサイズは以下のとおりです。

・オフセットフックあるいはストレートフック・・・4/0〜5/0番

ドライブスティックファット4.5インチのバックスライドでの使い方をチェック

大塚高志プロによるドライブスティックファットの実釣インプレ動画

大塚高志プロがテナガエビパターンでドライブスティックファットを使用して実釣インプレしてくれています。

大塚高志プロはドライブスティックファットをバックスライドで使用していて、あえて岸の手前にキャストしているみたいです。

大塚高志プロが使用しているタックル

・ロッド・・・エアエッジ610MH-B

・リール・・・アルファスSV105SHL

・ライン・・・FCスナイパーAZATAKA14ポンド

・フック・・・FPPストレート♯4/0

・ワーム・・・ドライブスティックファット4.5インチ

まとめ

ドライブスティックだとちょっと投げづらい。

そんな状況なときに自重のあるドライブスティックファットを使用することでより快適に釣りをすることができるのではないでしょうか?

ちなみにドライブスティックファットよりも自重のあるモデルはドライブショットです。

→ドライブショットのインプレと使い方のまとめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました