【ジークラックのイモリッパー60のインプレ情報】最適なフックサイズは?

ワーム

ジークラックからリリースされているイモリッパー60。

イモリッパー60は高比重ワームでシンプルな形状で安定したキャスタビリティー設計なワームになっています。

野池のおかっぱりなんかはアクションというよりも、誰もキャストしないような遠くのポイントだったりオーバーハングのなかにワームを入れることができればバイトするようなことがよくありますよね。

 

そんなときに便利な高比重ワーム。

そんな高比重ワームのイモリッパー60の特徴とインプレ情報などをまとめたので紹介します。

ジークラックのイモリッパー60の特徴

・イモリッパー60の重さは4gで2.5インチ

ちなみにジークラックの公式ページによるとイモリッパー60の最適なフックサイズは#2/0のようです。

・60ミリサイズでいろんな状況に使えそう

イモリッパー40だとアピールが少ない。だけどイモリッパー95だとちょっとサイズがデカい。

そんな適度にアピール力が欲しくて、お手頃なサイズ感でバスを誘いたい時に使いたいサイズ感のイモリッパー60。

野池のおかっぱりに限らず、どのフィールドでもイモリッパー60のサイズ感は使えそうですよね。ベイトフィネスタックルだったりスピニングタックルなんかでテンポ良くカバー打ちなんかをしたら楽しそうな感じですよね。

個人的にはPEを巻いたスピニングタックルで野池のおかっぱりなんかで遠投をしてボトムをずる引きするような地味な使い方をしてみたいですね。

ジークラックのイモリッパー60のインプレ情報

ツイッターにてイモリッパー60のインプレ情報があったので紹介します。

引用:ジークラック

http://www.geecrack.com/freshwater/product/lure/SB/imoripper.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました