【ジャッカルのBPMのB1-S73Mのインプレ情報】PEラインで飛距離を出した使い方をしてみたい

スピニングロッド

ジャッカルからリリースされているB1-S73M。

ジャッカルの公式ページによるとB1-S73Mは高比重ワームなどの遠投性能と繊細にアクションできるように設計されているようです。

琵琶湖だったり川のような遠投が必要なフィールドではB1-S73Mのような遠投性能を意識して設計されているロッドを選びたいですよね。

 

そんなジャッカルのBPMシリーズのB1-S73Mのスペックとインプレ情報について紹介します。

BPMのB1-S73Mのスペック

・7.3フィートでMパワー

7.3フィートというレングスということで遠投を意識した使い方をしてみたいですよね。

普段通っているフィールドがキャスト精度というよりも遠投のほうが重要になるような琵琶湖のようなフィールドで釣りをしている人はぜひともチェックしたいロッドではないでしょうか?

・ライン範囲が4から10ポンド

B1-S73MはPEが1.5号までが範囲なので真夏の時期なんかはパワーフィネスタックルでカバー周りでスモラバをちょうちんするような使い方もおもしろそうですよね。

・ルアー範囲が5gから18g

5gからがルアー範囲ということでフリックシェイクのノーシンカーワッキーみたいな軽いリグを扱うというよりも高比重ワームのようなものを遠投するような釣りでメインで使ってみたいですよね。

・ロッドの自重が117g

BPMのB1-S73Mのインプレ情報

ジャッカルからB1-S73Mのインプレ動画が公開されています。

しょごたんさんがB1-S73Mについてわかりやすくインプレしてくれています。

引用:ジャッカル

https://www.jackall.co.jp/bass/products/rod/bpm/bpm-1pc/#lineup-15

コメント

タイトルとURLをコピーしました