ジャッカルのBPMのC63MLBFのインプレ情報!カスミ水系をベイトフィネスで探るときに使ってみたい

ベイトロッド

一昔前はベイトフィネスリールってすごくレアでしたよね。

ですが、いまは手に入れやすい価格帯で十分な性能を持ったベイトフィネスリールがいくつもラインナップされていますよね。

そんなベイトフィネスの釣りが当たり前になって、これからベイトフィネスの釣りをしてみたい人がチェックしたいロッドがBPMのC63MLBFになっています。

 

ということで、

この記事ではジャッカルのBPMシリーズのC63MLBFのスペックのインプレ情報についてまとめました。

BPMのC63MLBFのスペック

・6.3フィートでMLパワー

前作のBPMシリーズの馬場さんモデルの6.2フィートのロッドがありましたが、それよりも少しだけレングスが伸びています。

6.3フィートということでベイトフィネスのなかでもショートキャストだったり足元を丁寧に探るような釣りで使ってみたいですよね。

個人的には3.5gのスモラバをつかったカスミ水系の流入河川のカバー周りをテンポよく打っていくような釣りで使ってみたいですね。

・ルアー範囲が3.5gから14g

3.5gから扱えるということで0.9gのダウンショットリグのようなすごく繊細な釣りというよりもベイトタックルとスピニングタックルの中間ぐらいのライトリグを使いたい感じではないかと。

・ライン範囲が6ポンドから12ポンド

12ポンドまでがライン範囲ということである程度のカバーを釣るときでも活躍できそうですよね。

ベイトフィネスの釣りって、釣れなくてもライトリグをキャストしているだけで軽快で楽しい釣りですよね。そんなベイトフィネスの釣りの最初の1本にC63MLBFは検討したいロッドではないかと。

BPMのC63MLBFのインプレ情報

ジャッカルからBPMのC63MLBFのインプレ動画が公開されています。

馬場さんがわかりやすくこのロッドについてインプレしてくれています。

引用:ジャッカル

https://www.jackall.co.jp/bass/products/rod/bpm/bpm-1pc/#lineup-8

コメント

タイトルとURLをコピーしました