【シマノのポイズンアルティマ1610L-BFSのインプレ情報】おかっぱりで使ったら楽しそう

ベイトロッド

シマノからラインナップされているバスロッドのハイエンドモデルであるポイズンアルティマシリーズ。

その中でもベイトフィネススペックのロッドがポイズンアルティマ1610L-BFSになっています。

おかっぱりをするときはロングレングスのほうが自分にあっている。

そんな人はショートレングスのベイトフィネスロッドよりもポイズンアルティマ1610L-BFSのようなロングレングスのベイトフィネスが気になるのではないでしょうか?いったいポイズンアルティマ1610L-BFSはどんなスペックのロッドなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではシマノのポイズンアルティマ1610L-BFSのスペックとインプレ情報について紹介します。

シマノのポイズンアルティマ1610L-BFSのスペック

シマノの公式ページによるとポイズンアルティマ1610L-BFSはフルカーボンモノコックを搭載されている究極の軽量化を目指しているベイトフィネスロッドのようですね。

ベイトフィネスのようなキャストからワームを繊細に操作するような釣りではポイズンアルティマ1610L-BFSのようなロッドの自重が軽いものを選ぶのは釣りを快適にしてくれそうですよね。

・6.10フィート

・ロッドの重さが85g

6.10フィートでありながらロッドの重さが85gというのに驚きますよね。

さすがハイエンドモデルといった感じがします。

・ルアー範囲が3.5から10g

・ライン範囲が6から12ポンド

もしポイズンアルティマ1610L-BFSを使う機会があったらアルデバランbfsと組み合わせてスナッグレスネコリグなんかをカバーにテンポよく打っていくような釣りをしてみたいですね。

シマノのポイズンアルティマ1610L-BFSのインプレ情報

ツイッターにてポイズンアルティマ1610L-BFSのインプレ情報などがあったので紹介します。

アルデバランと組み合わせたらカッコよさそうですよね。

引用:シマノ

https://fish.shimano.com/ja-JP/product/comparison.html?pcat1=cg1SHIFJpRod&l1pcat2=cg2SHIFJpRodBass&l1pcat3=&l1cdn=a071000002Nx8ZYAAZ_p&l1lsc=5COPB16A4

コメント

タイトルとURLをコピーしました