【ノリーズのロードランナーLTT650Mのインプレ情報】スピナーベイトで使ってみたい

ベイトロッド

ノリーズからラインナップされているロードランナーシリーズのなかでもライト系のルアーを使う予定があるなら検討したいのがロードランナーLTT650Mです。

いったいロードランナーLTT650Mはどんなスペックのロッドなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではノリーズのロードランナーLTT650Mのスペックとインプレ情報について紹介します。

ノリーズのロードランナーLTT650Mのスペック

ノリーズの公式ページによるとロードランナーLTT650Mは、ショットオーバー3だったり3/8オンスから1/2オンスのスピナーベイトなんかを扱えるように設計されているようです。

さらにはヘビダンだったりベイトネコなんかにも対応しているということで、巻物から軽めのライトな打ちものもできるのがうれしいですよね。

おかっぱりで1本で釣りある時なんかはロードランナーLTT650Mを検討するのもアリではないでしょうか?

もしロードランナーLTT650Mを使う機会があったらクリスタルsの3/8オンスにカルコンのようなローギアリールと組み合わせてひたすら巻くような釣りをしてみたいですね。

・6.5フィート

・ライン範囲が8から14ポンド

・ルアー範囲が8から14ポンド

・ロッドの重さが170g

ノリーズのロードランナーLTT650Mのインプレ情報

ツイッターにてロードランナーLTT650Mのインプレ情報などがあったので紹介します。

MHパワーのスペックも一緒に持っていたらさらに釣りが楽しくなりそうですよね。

引用:ノリーズ

http://www.nories.com/bass/rods/voice_ltt/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました