【ノリーズのロードランナーLTT6100Hのインプレ情報】スイムベイトで使ってみたい

ベイトロッド

ノリーズからラインナップされているシリーズのなかで6100Hというスペックは昔から愛用しているという人もいるのではないでしょうか?

そんな6100HがLTTシリーズにもロードランナーLTT6100Hとしてラインナップされています。

いったいロードランナーLTT6100Hはどんなスペックのロッドなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではノリーズのロードランナーLTT6100Hのスペックとインプレ情報について紹介します。

ノリーズのロードランナーLTT6100Hのスペック

ノリーズの公式ページによるとロードランナーLTT6100Hは、3/4オンスのスピナベのスローロールだったり、スイムベイトだったりラバージグのカバー打ちなど。いろんな釣りに対応できるように設計されているようです。

スピナーベイトが好き。ラバージグが好き。

そんな人はロードランナーLTT6100Hを検討するのもアリではないでしょうか?

もし、ロードランナーLTT6100Hを使う機会があったらスイムベイトで使って、どんな感じのキャストフィールなのかチェックしてみたいですね。

・6.10フィートのHパワー

・ライン範囲が14から20ポンド

・ルアー範囲が5/16から1・1/2オンス

・ロッドの重さが185g

ノリーズのロードランナーLTT6100Hのインプレ情報

ノリーズのロードランナーLTT6100Hのインプレ情報などがあったので紹介します。

諸富プロのロードランナーLTT6100Hのインプレ解説はわかりやすい内容になっています。

引用:ノリーズ

http://www.nories.com/bass/rods/voice_ltt/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました