ダイワのスティーズC72H-SV・AGSって琵琶湖のヘビキャロによさそうじゃない?

ベイトロッド

琵琶湖のヘビキャロゲームって、

たまに何やってるかわからなくなりますよね。

 

ヘビキャロをしているというよりも、

キャストを楽しんでいるという感じ。

 

それもそれで釣りですけど、やっぱり釣りたいですよね。

でも、集中力が続かない。

その原因は、

8フィート越えのロングロッドを選んで、1時間もしたらキャストを振り切れなくなる。

ボトムをズル引きしても何をやっているからイメージができない。

 

そんなところではないでしょうか?

それで、スティーズC72H-SV・AGSって、

7.2フィートでスティーズのロッドだから軽量。

それでいて、ダイワ公式サイトのスティーズC72H-SV・AGSの説明文には下記のような文面が書かれています。

“魚探不要論”鋭敏なるボトムサーチ機が深化

これが本当だったら、琵琶湖のヘビキャロゲームにスティーズC72H-SV・AGSって、いいかもしれないですよね。もし、僕がスティーズC72H-SV・AGSを使う機会があったら、まっさきに琵琶湖のヘビキャロゲームで南湖の下阪本あたりでウィードのほぐれ具合とかチェックしたいですね。

スティーズC72H-SV・AGSのインプレ情報

ダイワからスティーズC72H-SV・AGSのインプレ動画が公開されていました。

引用:ダイワ

https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/special/product/steez_rod_bait/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました