【シマノのBtフォースのインプレ情報】琵琶湖の朝マズメに使ってみたい

ビックベイト

シマノからラインナップされているBtフォース。

Btフォースは表層系のビックベイトでジャバジャバと水面を騒がしくアピールしてくれるルアーのようです。

琵琶湖なんかのビックレイクだとボートの引き波だったりちょっとした風で水面がざわついてトップが効きづらい状況になりがちですが、Btフォースのようなジャバジャバと存在感を出して水面をアピールしてくれるビックベイトなら対応してくれそうですよね。

いったいBtフォースはどんな感じのビックベイトなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではシマノのBtフォースの特徴とインプレ情報などを紹介します。

シマノのBtフォースの特徴

シマノのBtフォースは重さが190ミリサイズで重さが50gになっています。

シマノの公式ページによるとBtフォースは早巻きでスプラッシュと飛沫を出してアクションしてくれるようです。

とにかく水面でのアピール力を意識したい。

琵琶湖の朝だったり夕方はそんなトップを使いたくなりますが、そんなときにBtフォースのようなアピール力強めのビックベイトをチョイスしてみるのもアリではないでしょうか?

もしBtフォースを使う機会があったら琵琶湖のおかっぱりで朝マズメにウィード周りでジャバジャバと広範囲にサーチするような使い方をしてみたいですね。

シマノのBtフォースのインプレ情報

ツイッターにてBtフォースのインプレ情報などがあったので紹介します。

引用:シマノ

https://fish.shimano.com/ja-JP/product/lure/basslure/bigbait/a155f00000c5cuhqaf.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました