【ジャッカルのキングドリフトクローのインプレ情報】発売日は8月

ワーム

ジャッカルからラインナップされているRVクロー。

カスミ水系なんかでカバー打ちをメインにしている人はRVクローなどを使っている人も多いのではないでしょうか?

そんなジャッカルからキングドリフトクローというデカめのワームがラインナップされるようです。

いったいキングドリフトクローはどんな特徴のワームなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではジャッカルのキングドリフトクローの特徴とインプレ情報などを紹介します。

ジャッカルのキングドリフトクローの特徴

キングドリフトクローは5.7インチで重さが約29gのようです。

このワームの推奨フックサイズは#6/0~#7/0のようです。

推奨フックサイズから見てもキングドリフトクローがいかにデカいワームなのかが伝わってきますよね。

・滞在時間を意識

キングドリフトクローはキャストしてフォールしたときの滞在時間が長くなるように設計されているようです。

真夏のカバーだったり流れ込みのドリフトの釣りなんかではフォールがゆったりするというのは、ストンと落とすようなフルサイズのラバージグなんかと違ったアプローチができそうですよね。

・スリット

デカいワームってフッキング率が心配になったりしますが、キングドリフトクローはフッキング率を意識してスリットが搭載されているようです。

これによって貴重なバイトをつかむ可能性が上がりそうですよね。

もしキングドリフトクローを使う機会があったらノーシンカーでカバーだったり流れ込みにキャストしてフォールで誘うような釣りで使ってみたいですね。

ジャッカルのキングドリフトクローのインプレ情報

キングドリフトクローのインプレ情報などがツイッターにあったので紹介します。

オリジナルのドリフトクローも一緒に用意したらサイズ違いでローテーションして使えそうですよね。

引用:ジャッカル

https://www.jackall.co.jp/bass/products/lure/soft-bait/king_drift_craw/

コメント

タイトルとURLをコピーしました