スイムジグのおすすめのトレーラーを3つ紹介

ワーム

スイムジグ。

琵琶湖なんかのウィードレイクでガンガンに通いこんでいる人はスイムジグを愛用している人も多いのではないでしょうか?

引き抵抗も少なくて根がかりも少ない。

そして、

デカバスが釣れる。

そういった理由から琵琶湖では定番のスイムジグですが、そんなスイムジグでおすすめのトレーラーを3つ紹介します。

スイングインパクトファット5.8インチ

5.8インチって最初に使うとデカくて抵抗があると思います。

そして、キャストも重いしなんか本当に大丈夫なのだろうかと思うのですが、30センチぐらいのバスも普通にバイトしてくれるし、琵琶湖のおかっぱりでサクッと広範囲をサーチしたいときにいいのではないかと。

またスイングインパクトファットシリーズは定番なのですぐに手に入るのも1つのワームを使いこなす上で大事なポイントですよね。

ドライブシャッド4.5インチ

スイングインパクトファットよりもハイピッチで早巻きで誘いたい。

そんなときにドライブシャッド4.5インチもおすすめです。

スローに巻いても対応してくれるし、早巻きも対応してくれるドライブシャッド4.5インチは幅広いウエイトのスイムジグで使っても対応してくれるかと。

あとはドライブシャッド単体で使っても使いやすいので、表層付近をサーチしたくなったときにこのワーム1つでアピールできるのもおかっぱりではあると便利なワームです。

ハートテール

これも定番ですよね。

ハートテールはノーシンカーで使う人も多いと思いますが、スイムジグのトレーラーとしても使いやすいです。

ゲーリーマテリアルによる比重の高いハートテールだからこそ軽めのスイムジグと組み合わせてもキャストがしやすかったりするので軽いスイムジグを選ぶ人はハートテールという選択もアリかと。

まとめ

スイムジグのトレーラーって選ぶジグとの相性にもよるので自分なりにベストはジグとトレーラーの組み合わせをチョイスしたいですよね。

琵琶湖のプロガイドの人たちが使っているジグとトレーラーの組み合わせなんかを参考にすると最初のスイムジグ選びがスムーズになるかもしれません。

それとスイムジグにトレーラーをつけるときはアロンアルファも忘れずにつけたいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました