スイムジグのおすすめを3つ紹介

ラバージグ

スイムジグ。

根がかりも少ないし、カバーで使えるし巻いても使える。

だけどスイムジグって1回釣れないと本当に釣れるか疑問だったりしますよね。

引き抵抗がなくてバスにアピールしている気がしない。

スイムジグにそんなイメージを持っている場合はやっぱりまずは1匹釣りたいところです。

 

そこで、この記事ではおすすめのスイムジグを3つ紹介します。

ジャクソン バレッジスイマージグ

琵琶湖では定番のスイムジグがバレッジスイマージグ。

バレッジスイマージグはバスプロの市村さんがプロデュースしているスイムジグだけあって琵琶湖での釣りをメインに釣りをしている人はぜひともチェックしておきたいスイムジグです。

琵琶湖でウィードの際をガンガン通してバスにアピールしたい。

そんな人はチェックしたいですね。

また合わせるトレーラーはハートテールとの相性がいいです。

デプス コンツアージグ

キムケンさんがプロデュースしているコンツアージグ。

コンツアージグはオールラウンドなジグなのでスイムジグとしても使えるしカバー打ちで使うこともできます。

スイムジグというとシャッドテールワームをトレーラーというイメージがありますが、ドライブクローなんかのクロー系ワームと組み合わせてパタパタとはさみを動かしながら巻いてアピールするのもアリです。

そういったクロー系ワームをトレーラーにするような状況だったらカバー打ちもできるコンツアージグをチョイスするのもアリかと。

ジャッカル PDチョッパー

もはや説明不要のスイムジグといえばPDチョッパーかと。

PDチョッパーとアンモナイトシャッドの組み合わせは神のアクションといわれるほどに威力を発揮する組み合わせです。

友達におすすめのスイムジグの組み合わせを聞かれたらこの組み合わせを紹介したいぐらいです。

ただガードがついていないのでカバー周りには弱めなのでそこは普段通っているフィールドとの相性で選びたいところですね。

まとめ

いろんなスイムジグがありますが、自分がどういったフィールドで釣りをするのかを意識すると結構ジグ選びってスムーズに決まったりします。

今回紹介したジグ以外にも使いやすいものはあるのでいろいろ自分で探してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました