ダイワのスティーズCTSVTWの特徴とインプレ情報は?

ベイトリール

ダイワから発売されているスティーズCTSVTW。

スティーズといえばバーサタイルリールというイメージがありますが、

このスティーズCTSVTWは、30ミリ径スプールと小口径スプールを採用しているので、小型ルアーも扱える機種になっています。

 

なんか、ダイワのリールって、CTとかTWとか英語が増えてきてますよねw

そんなことはどうでもよくて、今回はそんなダイワのスティーズCTSVTWの特徴とインプレ情報をまとめたので紹介していきます!

ダイワのスティーズCTSVTWの特徴

・30ミリ径という小口径スプールなのに糸巻き量が12ポンド70メートルだから中距離にも対応
・CTというコンパクト&タフというコンセプト
ほかにもいろいろな機能がスティーズCTSVTWには詰まっていますが、個人的にはこの2つが気になるところです。
いままで、小型のポッパーとかクランクベイトを扱う時って、32ミリ径スプールのアルデバランとかアルファスとかそういった選択肢になってきますが、これからはスティーズCTSVTWという選択も全然アリですよね。
しかも12ポンド70メートル巻けるということでボートで釣りをする人には太いラインを巻いて釣りをするみたいなこともできてめちゃくちゃ幅広い使い方ができそうなリールになっていますよね。
もし、僕がスティーズCTSVTWを使う機会があったら、16ポンドなんかのラインを巻いてネコリグからジョイクロまでのウエイトを一つのタックルでやりたいですね。

川村光太郎プロによるスティーズCTSVTWのインプレ

川村光太郎プロがスティーズCTSVTWのインプレをしてくれています。

おかっぱりメインの光太郎さんのスティーズCTSVTWのインプレはめちゃくちゃ説得力がありますよね。

まとめ

おかっぱりでタックル1本で軽いリグから重めのリグまで扱いたい。

これはおかっぱりアングラーにとっての永遠のテーマなのではないでしょうか?!

そんなおかっぱりアングラーの要望にスティーズCTSVTWのようにどんどんダイワをはじめた釣具メーカーさんが実現してくれていますよね。

サムネイル画像引用:ダイワ

コメント

タイトルとURLをコピーしました