ダイワの21アルファスSVTWの特徴とインプレ情報は?

ベイトリール

アルファスといえば、比較的ライトなルアーを扱えるベイトリール。

そんなアルファスシリーズから2021年に21アルファスSVTWが発売されました。

 

21年モデルのアルファスはTウイングも搭載していて、どれだけ扱いやすいベイトリールになっているのか気になりますよね。

ということで今回はダイワから発売されている21アルファスSVTWの特徴とインプレ情報をまとめたので紹介していきます。

ダイワの21アルファスSVTWの特徴

・32スプール径SVスプールにTウイングシステムを搭載!
・ハイパードライブデジギア
・ハイパーダブルサポート
・ハイパーアームハウジング
・ハイパータフクラッチ
やはり21アルファスSVTWのグッドなところは、
小口径スプールにTウイングシステムを搭載しているところですよね。しかも小口径なのに糸巻き量が14ポンド80メートルまで巻けるというのがおかっぱりユーザーにとってはかなりツボなところではないでしょうか?!
霞水系の流入河川をひたすらランガンしたい!
だからロッド1本で!
そんなときには幅広いルアーを扱える21アルファスSVTWを選択するというのは堅実なチョイスではないでしょうか?!
ちなみに21アルファスSVTWはソルト対応というのもグッドです!
ハイシーズンはバス釣りで使って、真冬なんかのオフシーズンはロックフィッシュの釣りに使う!そんなこともできるのもこのリールのいいところですよね。

佐々木勝也プロによるアルファスSVTWのインプレ

佐々木勝也プロが21アルファスSVTWの実釣インプレをしてくれています。

従来のアルファスとどういった違いがあるのかを解説してくれているので、前モデルを持っている人もチェックしておきたいですよね!

まとめ

バーサタイルリールといえば34ミリ系スプールが搭載されているメタニウムとかスティーズですよね。

ですが、比較的ライトなルアーを扱う人が多いという人は、小口径スプールが搭載されている21アルファスSVTWなんかを使うということも検討するのもいいのではないでしょうか?!

画像引用:ダイワ

コメント

タイトルとURLをコピーしました