シマノの21SLXBFSのスペックとインプレ情報は?

ベイトリール

シマノからリリースされているSLXシリーズ。

SLXシリーズはコスパに優れているベイトリールというイメージがありますよね。

そんなSLXシリーズのなかからベイトフィネスモデルがリリースされています。

それが、21SLXBFS!

 

こん記事では21SLXBFSのスペックとインプレ情報をまとめています!!

21SLXBFSのスペック

・HAGANEボディー

ベイトフィネスモデルなのにHAGANEボディーを搭載しているのもうれしいですよね。

・FTB

軽量ルアーを扱うためのFTB。外部ダイヤルの存在ですぐにブレーキ調整できるのもうれしいですよね。

・ノーマルとエクストラハイギアのラインナップ

スモラバなんかの打ち物メインの人はエクストラハイギア。

シャッドなんかを丁寧に巻きたいという人はノーマルギアみたいな感じで使い分けられるラインナップがうれしいですよね。

・32ミリ径スプールで糸巻き量が8ポンド45メートル

近距離がメインのスペックですよね。

霞水系なんかのおかっぱりだったりボートでピッチングメインの人には、これぐらいの糸巻き量がちょうどいいですよね。

FTBが搭載されていて、糸巻き量が8ポンド45メートルということで近距離に特化しているリールですよね。おかっぱりで足元をメインに釣るなら検討したいリールですよね。

21SLXBFSのインプレ情報

シマノから21SLXBFSのインプレ動画が公開されています。

アメリカのトーナメントに参戦している伊藤巧さんの21SLXBFSのインプレは説得力がありますよね!

まとめ

ベイトフィネスといえばダイワというイメージがありますが、

シマノのブレーキシステムであるFTBの登場によって、ベイトフィネスリールを選ぶときに21SLXBFSのようなベイトフィネスリールを選ぶ人も増えそうですよね。

引用:シマノ 

https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/baitlurecasting/a075f00003nhub3qam.html#Specifications

コメント

タイトルとURLをコピーしました