ダイワの21スティーズハリアーC610H-SVのインプレ情報とスペックは?

ベイトロッド

ダイワから発売されている21スティーズハリアーC610H-SV。

ダイワのジグ・テキサスリグの代表的なロッドといえばハリアーですよね。

そんなハリアーが2021年にリニューアルしたの21スティーズハリアーC610H-SVになっています。

 

この記事では21スティーズハリアーC610H-SVのスペックとインプレ情報をまとめています!

21スティーズハリアーC610H-SVのスペック

・6.10フィート

近年のバス釣りでカバーゲーム用のロッドって、7フィート超えが定番ですが、21スティーズハリアーC610H-SVは6.10フィートというのが時代に流されてない感じがあっていいですよね。

 

・SVFコンパイルX、X45フルシールド、3DX、エアセンサーシート搭載

さすがにダイワのハイエンドロッドというだけあって、21スティーズハリアーC610H-SVにはダイワの技術ががっつりと詰め込まれていますね。

 

・自重113g

・許容ルアーウエイト3/8〜2オンス

・ラインが12〜25ポンド

3/8オンスからが21スティーズハリアーC610H-SVの適用ルアーウエイトということからガッツリとカバーゲームをする人に向けられて作られているのがわかりますよね。

21スティーズハリアーC610H-SVはこれからガッツリとカバーの釣りをやり込みたいという人に最適なスペックですよね。ハイエンドロッドだけに慎重に選びたいところですね。

21スティーズハリアーC610H-SVのインプレ情報

ダイワから21スティーズハリアーC610H-SVのインプレ動画が公開されています。

並木プロが実際に21スティーズハリアーC610H-SVを使用しながらインプレをしてくれています!それにしても並木プロのキャストがうますぎです。

まとめ

ダイワの技術がふんだんに搭載されている21スティーズハリアーC610H-SV。

これからカバーゲームをやり込む人はチェックしたいロッドですよね。

引用:ダイワ

https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/steez_bait21/sub09/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました