ビックベイトモデルのブレイゾンC611H-SBの特徴とインプレ情報のまとめ!

ベイトロッド

ダイワからリリースされているブレイゾンシリーズ。

手に入れやすい価格帯でありながらもいろんなリグに対応できるモデルがリリースされていますよね。

そのなかでも今回はビックベイトモデルであるブレイゾンC611H-SBについてです。

 

最近のバス釣りはどんどんルアーが大きくなる傾向にあると感じるのは僕だけでしょうか?

そんなビックベイトモデルのブレイゾンC611H-SBの特徴とインプレ情報をまとめたので紹介していきます。

ブレイゾンC611H-SBの特徴

・ダイワの公式ページによるとS字系だったりスイムベイトなんかを対応できるスローテーパーモデル

スローテーパーというのがいいですよね。

あとはどれだけビックベイトとかスイムベイトを投げた時にC611H-SBがキャストしやすいロッドなのか、ビックベイトを操作しやすいのかをチェックしていきたいですよね。

・ルアー重量が3/8オンスから4オンス

4オンスまで扱えるのがうれしいですよね。ちなみにジョイクロマグナムは4オンスなので、ブレイゾンC611H-SBでも扱えるのがうれしいポイントです。

まずはジョイクロ178なんかからビックベイトをスタートさせて、本格的にジョイクロマグナムなんかも扱える感じな展開が釣りの幅が広がりそうでおもしろそうですよね。

・ライン14〜30ポンド

なにげに30ポンドまで扱えるのがいいですよね。

何個も購入することができないビックベイト。だからこそ30ポンドなんかの太めのラインでガンガン使っていけるブレイゾンC611H-SBはありがたいですよね。

・6.11フィートのHパワー

ブレイゾンC611H-SBのインプレ情報

ダイワからブレイゾンC611H-SBのインプレ動画が公開されています。

実際にプロの方がC611H-SBをつかってキャストしている実釣インプレなので雰囲気が伝わってくれる内容になっています。

引用:ダイワ

https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/blazon_21/index.html

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました