ダイワのブレイゾンC72Hの特徴とインプレ情報は?

ベイトロッド

ダイワからリリースされているブレイゾンシリーズ。

いろんなタイプのスペックがラインナップされているブレイゾンシリーズのなかで今回はブレイゾンC72Hについてです。

 

この記事では、ダイワのブレイゾンC72Hの特徴とインプレ情報をまとめています。

ダイワのブレイゾンC72Hの特徴

・ダイワの公式ページによるとパワーストロングモデルで、太軸フックも貫通させる瞬発力のあるモデル

ガチで打ち物の釣りをしてみたい。そんな人によさそうなモデルですよね。

太軸のフックも貫通させることができるということで、1/2オンスなんかのフルサイズのラバージグだったり、重めのテキサスリグをテンポ良く打って、フルフッキングする釣りなんかにブレイゾンC72Hは使ってみたいですよね。

・羽モノルアーも扱えるらしい

ダイワからブレイゾンC72Hのインプレ動画が公開されているのですが、そのなかでプロのかたがブレイゾンC72Hは羽モノルアーも扱えると言っていました。

朝夕マズメは羽モノルアーで広範囲だったりピンスポットをネチネチとブレイゾンC72Hで誘う。そして日中なんかはピンスポットのカバーにいるバスをラバージグなんかで狙うみたいな展開もできるのがこのロッドのいいところではないでしょうか?

・7.2フィートでHパワーで自重が126g

・ルアーウエイト3/8〜1・1/2オンス

・許容ラインが12〜25ポンド

ダイワのブレイゾンC72Hのインプレ情報

ダイワからブレイゾンC72Hのインプレ動画が公開されています。

プロのかたがブレイゾンC72Hがどういった特徴なのかを解説しているので気になる人はチェックしたい内容です。

引用:ダイワ

https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/blazon_21/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました