ダイワのブレイゾンS67MLのインプレ情報と特徴のまとめ!

スピニングロッド

ダイワから発売されているブレイゾンシリーズ。

ベイトモデルもスピニングモデルもいろんなスペックのロッドがあって、多様なアングラーの要望に答えてくれるロッドがありますよね。

 

そんなブレイゾンシリーズの中から今回はブレイゾンS67MLについて。

この記事ではブレイゾンS67MLの特徴とインプレ情報をまとめています。

ダイワのブレイゾンS67MLの特徴

・ダイワの公式ページによるとライトバーサタイルモデルらしい

できれば1本で釣り歩きたいおかっぱりにおいてはライトバーサタイルモデルであるブレイゾンS67MLはチェックしておきたいですよね。

ノーシンカーだったりスモラバでアシ際だったりウッドカバーなんかのピンスポットをネチネチと誘う。そして、朝夕マズメは小型のトップなんかの小型ルアーで広範囲にサーチする。ブレイゾンS67MLはそんな使い方ができそうなおかっぱりアングラーがチェックしたいロッドではないでしょうか?

・6.7フィートのMLパワーで自重が94g

・ルアーウエイトが1/16〜3/8オンス

・ラインが4〜8ポンド

8ポンドまで対応しているのがうれしいポイントですよね。

小型ミノーなんかだったり、ちょっとしたカバーなんかでも8ポンドまで対応してくれるブレイゾンS67MLはうれしいですよね。

ダイワのブレイゾンS67MLのインプレ情報

ダイワからブレイゾンS67MLのインプレ動画が公開されています。

ブレイゾンS67MLがどういったロッドなのかをプロの方がインプレしてくれているので参考になります。

引用:ダイワ

https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/blazon_21/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました