バンクシャッドのインプレ情報!与田浦でただ巻きでの使い方をためしたい

シャッド

エバーグリーンからリリースされていシャッドプラグであるバンクシャッド。

バンクシャッドは関和プロがプロデュースしているシャッドで名前のとおりバンク=おかっぱりで使いたいシャッドになっています。

 

そんなバンクシャッドの特徴とインプレ情報をまとめたので紹介します。

エバーグリーンのバンクシャッドの特徴

・スローリトリーブでも水を噛んでくれる設計

バンクシャッドはゆっくり巻いても泳いでくれるシャッドのようです。

真冬なんかはとにかくスローな展開で釣りたいときがありますよね。

そんな時にバンクシャッドのゆっくり巻いても泳いでくれるシャッドは釣りの幅が広がって武器になりそうですよね。

メタルバイブの縦の釣りでは反応しない。そんなときにバンクシャッドをスピニングタックルだったりベイトフィネスタックルでただ巻きでつかってみたいですよね。個人的には真冬から春の与田浦でテロテロとバンクシャッドを巻いてバスを釣ってみたいですね。

またバンクシャッドは重心移動システムを採用しているのがおかっぱりアングラーにもうれしいポイントですよね。

オカッパリに限らずキャストがしやすいルアーは長時間釣りをするうえで重要なポイントなので、キャスタビリティーも考慮している設計のバンクシャッドはありがたいですよね。

エバーグリーンのバンクシャッドのインプレ情報

ツイッターにてバンクシャッドのインプレ情報があったので共有しておきます。

引用:エバーグリーン

https://www.evergreen-fishing.com/goods_list/BankShad.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました