スティーズ22ファイヤーウルフSC C69M+ -STのインプレ情報と特徴!

ベイトロッド

ダイワのハイエンドモデルであるスティーズシリーズ。

そんなスティーズシリーズのなかでバーサタイルベイトロッドとしてリリースされていたファイヤーウルフが2022年にリニューアルされてSC C69M+ -STとしてラインナップされています。

 

気軽に遊べるおかっぱりだからこそ、良いロッドは使いたいものですよね。

ということでダイワのハイエンドモデルであるSC C69M+ -STの特徴とインプレ情報を紹介していきます。

22ファイヤーウルフSC C69M+ -STの特徴

・自重が112g

・6.9フィートのM+-ST

・ルアー範囲が3/16から1オンス

・ラインが8ポンド20ポンド

:テーパーがRF

中弾性ソリッドティップを採用しているSC C69M+ -ST。

これによって従来のファイヤーウルフとどう違うのかが気になるところですね。

おかっぱりは手軽にできるからこそ、触れる機会の多いタックル。

そんな触れる機会が多いタックルこそ、本当に使いたいロッドだったりこだわりのあるロッドを使いたいですよね。

スティーズSC C69M+ -STのインプレ情報

ダイワからSC C69M+ -STのインプレ動画が公開されています。

光太郎さんがSC C69M+ -STのインプレを具体的にしているので、どういった感じのロッドなのかイメージしやすい内容になっています。

引用:ダイワ

https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/steez_bait21/sub15/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました