ノリーズのストラクチャーSTN670Hのスペックとインプレ情報について

ベイトロッド

ノリーズからラインナップされているストラクチャーシリーズのなかでもボトムセンシティブという名前のついてあるロッドがSTN670H。

長すぎないHパワーのロッドを探している人はSTN670Hをチェックしておきたいですよね。

いったいSTN670Hはどんなスペックのロッドなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではノリーズのSTN670Hのスペックとインプレ情報について紹介します。

ノリーズのSTN670Hのスペック

ノリーズの公式ページによるとSTN670Hはヘビーテキサスリグだったり重めのフットボールジグを繊細にアクションできるように設計されているようです。

リザーバーなんかで岩盤をジグだったりテキサスリグで誘うときなんかにSTN670Hを使ったら楽しそうですよね。

もしSTN670Hを使う機会があったらリザーバーだったりフットボールジグで、カスミ水系のようなフィールドではアシ打ちなんかで使ってみたいですね。

・6.7フィート

・ライン範囲が12から20ポンド

・ルアー範囲が1/4から3/4オンス

・ロッドの重さが130g

ノリーズのSTN670Hのインプレ情報

ツイッターにてSTN670Hのインプレ情報などがあったので紹介します。

7フィートのHパワーのスペックも気になりますよね。

引用:ノリーズ

http://www.nories.com/bass/rods/structure_nxs/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました