ダイワのリベリオン641MLFB-Gのスペックとインプレ情報は?

ベイトロッド

ダイワからラインナップされているリベリオンシリーズのなかでもUDグラスのグラテック構造を採用しているモデルがリベリオン641MLFB-Gです。

クランクを1日中ゴリゴリ巻くような釣りをしたい人は検討したいロッドですよね。

そんなリベリオン641MLFB-Gはどんなスペックのロッドなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではダイワのリベリオン641MLFB-Gのスペックとインプレ情報などを紹介します。

ダイワのリベリオン641MLFB-Gのスペック

ダイワの公式ページによるとリベリオン641MLFB-Gはタイニークランクのキャスト精度が高いように設計されていて、フッキングはオートマチックにしてくれるようです。

さらにカバー周りからバスを引き離すことができるパワーがあるということで、カバー周りでクランクを使うような人にもよさそうなロッドではないでしょうか?

アルファスsvtwのような小口径スプールが搭載されているリールと組み合わせて小さめのクランクなんかを使って、ゴリゴリ巻くような釣りとか楽しそうですよね。

・6.4フィートでMLパワー

・ロッドの重さが109g

・ルアー範囲が3.5~21g

・ライン範囲が6~14ポンド

もしリベリオン641MLFB-Gを使う機会があったら、スモールクランクがどんな感じのキャストフィールで飛ばすことができるのかチェックしてみたいですね。

ダイワのリベリオン641MLFB-Gのインプレ情報

ツイッターにてリベリオン641MLFB-Gのインプレ情報などがあったので紹介します。

引用:ダイワ

https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/rebellion/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました