ダイワのリベリオン691HFB-SBの特徴とインプレ情報は?

ベイトロッド

ダイワといえばブレイゾンシリーズというイメージのある人もいると思いますが、より細かいシチュエーションに合わせてくれているシリーズがリベリオンシリーズです。

 

そのなかでも今回はリベリオン691HFB-SB。

リベリオン691HFB-SBはリップ付きビックベイトだったり、羽モノの釣りなんかでオートマチックなフッキングをしてくれると佐々木プロがダイワの公式ページで言ってくれているロッドになっています。

 

この記事ではダイワのリベリオン691HFB-SBの特徴とインプレ情報を紹介しています。

ダイワのリベリオン691HFB-SBの特徴

・ダイワの公式ページによるとファーストテーパー設計でスイムジグだったりスイムベイトも考慮されている設計らしい

琵琶湖なんかのビックレイクでリベリオン691HFB-SBを使ってスイムジグとかスイムベイトを使ってどんなキャストフィーリングなのか実際に確かめてみたいですよね。

・ルアーウエイト3/8〜4オンス

4オンスまで投げられるのがうれしいですよね。

デカめの羽ものだったりデカめのスイムベイトなんかをガンガン使ってみたいですよね。

・ラインは14〜30ポンド

こちらも30ポンドまで対応というのがうれしいところ。

デカめの羽ものなんかはナイロンの30ポンドぐらいでどんどんキャストしたいですよね。

・6.9フィートで115g

ダイワのリベリオン691HFB-SBのインプレ情報

ダイワからリベリオン691HFB-SBのインプレ動画が公開されています。

佐々木プロがリベリオン691HFB-SBを具体的にインプレしてくれているので参考になります。

引用:ダイワ

https://www.daiwa.com/global/ja/fishingshow/2020ss/rebellion/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました