ノリーズのロードランナーHB660Hのスペックとインプレ情報は?

ベイトロッド

ノリーズからラインナップされているHパワーのロッドって、6100Hのイメージがありますが、

ハードベイトスペシャルからロードランナーHB660Hがラインナップされています。

いったい、ノリーズのロードランナーHB660Hはどんなスペックのロッドなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではノリーズのロードランナーHB660Hのスペックとインプレ情報について紹介します。

ノリーズのロードランナーHB660Hのスペック

ノリーズの公式ページによるとロードランナーHB660Hはストラクチャーを1日中正確にキャストするためのロッドのようで、3/4オンス前後のスピナベのスローロールだったり4メートルダイバーのクランクベイトを使うようなこともできるようです。

さらにロングキャスト性能とノリの良さもあるようです。

秋の時期にスピナーベイトをスローロールさせたり、クランクベイトをミドルレンジでゴリゴリ巻いてサーチしたい。

そんなときはカルコン200なんかのローギアリールとロードランナーHB660Hの組み合わせで釣りをすることも検討するのもアリではないでしょうか?

もしロードランナーHB660Hを使う機会があったらデカい羽モノなんかの相性なんかも試してみたいですね。

・6.6フィートでHパワー

・ライン範囲が12から20ポンド

・ルアー範囲が1/2から1オンス

・ロッドの重さが181g

ノリーズのロードランナーHB660Hのインプレ情報

ツイッターにてノリーズのロードランナーHB660Hのインプレ情報などがあったので紹介します。

引用:ノリーズ

http://www.nories.com/bass/rods/voice_hbsp/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました