【ノリーズのロードランナーHB640MLのインプレ情報】ジャークベイトとかで使ってみたい

ベイトロッド

ノリーズからラインナップされているハードベイトスペシャルシリーズ。

そんなハードベイトスペシャルのなかでもMLパワーというスペックのロッドがロードランナーHB640MLです。

いったいロードランナーHB640MLはどんなスペックのロッドなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではロードランナーHB640MLのスペックとインプレ情報について紹介します。

ノリーズのロードランナーHB640MLのスペック

ノリーズの公式ページによるとロードランナーHB640MLは高い汎用性を持っていて、ジャークベイトとの相性がいいようです。

さらにシャロークランクからトップウォーターとかスピナーベイトなどのハードベイトも扱えるようです。

もしロードランナーHB640MLを使う機会があったら、春の時期はレイダウンミノーなんかのミノーをジャーク。

そして、バスが散っている秋の時期なんかはスピナーベイトだったりクランクベイトで広範囲にサーチする。

そんな使い方をしてどんな感じのキャストフィールなのかとかチェックしてみたいですね。

・6.4フィートでMLパワー

・ライン範囲が10から16ポンド

・ルアー範囲が1/4オンスから5/8オンス

・ロッドの重さが171g

ノリーズのロードランナーHB640MLのインプレ情報

ツイッターにてロードランナーHB640MLのインプレ情報などがあったので紹介します。

ワンランク上のパワーのHN630Mも検討しておきたいですよね。

引用:ノリーズ

http://www.nories.com/bass/rods/voice_hbsp/index.html

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました