【一誠のバグフロッグのインプレ情報】ロングテールモデルもチェックしておきたい!

トップウォーター

一誠からリリースされているバグフロッグ。

ラビットテールが印象的なバグフロッグはロングテールモデルもあって2タイプがリリースされています。

琵琶湖はもちろんのこと、いろんなフィールドで幅広い使い方できるフロッグ。

 

そんな一誠からリリースされているフロッグであるバグフロッグの特徴とインプレ情報を紹介します。

一誠のバグフロッグの特徴

・ラビットファーが装着

フロッグといえばラバーテールというイメージですが、バグフロッグはラビットファーが装着されています。これによってキャストするときはラビットファーがボディーにくっついてキャストの抵抗を抑えて、水面ではナチャラルにラビットファーがアピールしてくれます。

・オリジナルのフック

バグフロッグは専用のフックが装着されています。

PEラインが前提のフロッグの釣り。

当然、PEラインの釣りでも耐えられるフックが求められるので、専用のフックが装着されているのはうれしいですよね。

・ロングテールモデルもチェックしたい

ちなみにバグフロッグにはロングテールモデルもリリースされています。

通常のバグフロッグとローテーションして使ったらフロッグの釣りの幅が広がって、より釣りが楽しめそうですよね。

一誠のバグフロッグのインプレ情報

ツイッターにてバグフロッグのインプレ情報があったので紹介します。

引用:一誠

https://issei.tv/green_cray_fish/316.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました