【デプスのバスタークのインプレ情報】スリザークとローテーションさせた使い方がおもしろそう

トップウォーター

デプスからリリースされているバスターク。

デプスからはスリザークとかバジリスキーなんかのフロッグがありますが、これらは広範囲に探ることができるフロッグですが、バスタークはピンポイントでねちねちと誘うようなことがしやすいフロッグになっています。

 

またバスタークはスリザークをプロデュースしたキムケンさんがプロデュースしているフロッグになっています。

そんなバスタークの特徴とインプレ情報を紹介します。

デプスのバスタークの特徴

・ラビットファー

スリザーク同様にバスタークにもラビットファーが搭載されています。

ラビットファーって普通のフロッグのラバースカートよりも見た目がやさしい感じがいいですよね。

ポッパータイプのバスターク。

ですが、普通のポッパータイプのフロッグと違って、バスタークは特徴的な形状をしていますよね。この形状によって力強いサウンドを出してくれるようです。

バスタークはウエイトが動く設計のようで飛距離が出しやすいような設計のようです。

フロッグの釣りってキャスト精度が大事になりやすい釣りなのでキャストアキュラシーを意識して設計されているのはうれしいですよね。

デプスのバスタークのインプレ情報

ツイッターにてバスタークのインプレ情報があったので紹介します。

引用:デプス

https://www.depsweb.co.jp/product/busterk/

コメント

タイトルとURLをコピーしました