22エクスプライド1610M-Sのインプレ情報!ソリッドティップの釣りが気になる

ベイトロッド

シマノからリリースされている22エクスプライド1610M-S。

ソリッドティップといえばスピニングタックルの繊細な釣りによく採用されるというイメージがありますが、ベイトロッドにも搭載されはじめていますよね。

そのなかの1つが22エクスプライド1610M-S。

6.10フィートでMパワーというバーサタイル性能の高いスペックにソリッドティップが搭載されるとどんな感じのロッドになっているのでしょうか?

 

ということでシマノからリリースされている22エクスプライド1610M-Sの特徴とインプレ情報について紹介します。

22エクスプライド1610M-Sの特徴

・6.10フィートでMパワーのソリッドティップ搭載モデル

なじみのある6.10フィートにMパワーのスペックのロッド。

そんなロッドにソリッドティップが搭載されているモデルになっています。シマノの公式ページによるとこのロッドはソリッドティップのもたれ感が細かい地形変化を把握してくれるようなことを書いています。

Mパワーのロッドってバーサタイル性があるけど、全体的に釣りがざっくりとしがちですが、ソリッドティップを搭載したということで繊細な釣りもできたら釣りの幅が広がりそうですよね。

22エクスプライド1610M-Sのインプレ情報

22エクスプライド1610M-Sのインプレ動画がシマノから公開されています。

22エクスプライド1610M-Sがどういった感じのロッドなのか黒田プロが解説してくれるインプレ動画になっています。

これから本格的にバス釣りを始める人は定番のゾディアス1610Mもチェックしたいところです。

引用:シマノ

https://fish.shimano.com/ja-JP/product/rod/bass/shimano/a075f00003vrczgqai_p.html#Specifications

コメント

タイトルとURLをコピーしました