【シマノのゾディアス1610Mのインプレ情報】おかっぱりで使ってみたい

ベイトロッド

シマノからラインナップされているゾディアスシリーズはこれからバス釣りを本格的にはじめる人から長年バス釣りをしている人まで幅広い人が愛用しているシリーズですよね。

価格が抑えられていて、十分な性能が備わっているゾディアスシリーズは新しいジャンルの釣りを開拓しやすいロッドではないでしょうか?

そんな、ゾディアスシリーズのなかでも6.10フィートでMパワーの定番スペックのゾディアス1610Mについて紹介します。

いったいゾディアス1610Mはどういった特徴のロッドなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではゾディアス1610Mのスペックとインプレ情報などを紹介します。

ゾディアス1610Mのスペック

シマノの公式ページによるとゾディアス1610Mは、遠投性能と操作性の両立を意識して設計されているようです。

おかっぱりでバス釣りをするときはピッチングだったりサイドハンドキャストで近距離の釣りから、遠投をしたりといろんな状況があるのでゾディアス1610Mのような操作性も遠投性能もあるロッドが1本あると便利ではないでしょうか?

・6.10フィートでMパワー

2ピースモデルのゾディアス1610m-2もラインナップされています。

・ロッドの重さが110g

・ルアー範囲が7~21g

・ライン範囲が8~16ポンド

もしゾディアス1610Mを使う機会があったら、おかっぱりでどれくらいのルアーを扱うことができるのかチェックしてみたいですね。

ゾディアス1610Mのインプレ情報

ツイッターにてゾディアス1610Mと2ピースモデルのインプレ情報などがあったので紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました