DスタイルのブルートレックDBTS-61UL+-Sのインプレ情報!

スピニングロッド

Dスタイルのロッドといえば青木さんの釣りの経験がフィードバックされているブルートレックシリーズ。

そして、青木さんといえばフィネス。

そんなフィネスロッドであるうちの1つであるブルートレックDBTS-61UL+-Sについて紹介します。

 

この記事ではDスタイルのブルートレックDBTS-61UL+-Sの特徴とインプレ情報について紹介します。

ブルートレックDBTS-61UL+-Sの特徴

Dスタイルの公式ページによるとこのロッドはDBTS-61Lをベースにより軽量ルアーを扱えるように設計されているロッドのようです。

さらにソリッドが搭載されているので軽量ルアーを繊細に扱えることができるそうです。

スモラバとかダウンショットのような軽いルアーって、キャストした後のずる引きだったりシェイクなんかの動作のほうが大事だったりするので、ソリッドを搭載してくれているのはうれしいですよね。

あとは実際にバスをバイトさせてどんな感じでバスを寄せることができるのか確かめてみたいですよね。

・ルアー範囲が1/32オンスから3/16オンス

・ライン範囲が2.5ポンドから6ポンド

2.5ポンドから扱えるということで檜原湖だったり野尻湖のようなスモールマウスフィールドの釣りでも使ってみたいロッドではないでしょうか?!

ブルートレックDBTS-61UL+-Sのインプレ情報

DスタイルからブルートレックDBTS-61UL+-Sのインプレ動画が公開されています。

このロッドがどんな感じのロッドがイメージしやすいようにインプレしてくれています。

引用:Dスタイル

https://dstyle-lure.co.jp/products/blue-trek/

コメント

タイトルとURLをコピーしました