ジャッカルのBPMのBC-66ML-Gのインプレ情報と特徴について

ベイトロッド

ジャッカルからラインナップされているBPMシリーズ。

いろんな特徴のロッドがラインナップされていて自分のスタイルに合った釣りが見つかるシリーズではないかと思いますが、今回はそのBPMシリーズのなかでも巻物で使いたいモデルのBC-66ML-Gについて解説します。

 

グラスコンポジットなBC-66ML-Gはジャッカルの公式ページによると巻物ゲームをテクニカル楽しむというコンセプトから設計されているロッドのようです。

そんなジャッカルのBPMシリーズのBC-66ML-Gについて解説します。

BPMのBC-66ML-Gの特徴

・6.7フィートでMLパワー

BC-66ML-Gは6.7フィートのレングスでMLパワーのようです。

6.7フィートという長すぎず短すぎないレングスは近距離から遠投にまで対応してくれそうですよね。

カスミ水系だったら春の時期はビックミノーパターンなんかで沖に遠投して使う。それ以外のシーズンはカバー周りをタイトにクランクなんかでランガンする。BC-66ML-Gならそういった使い方ができそうですよね。

・ライン範囲が8から16ポンド

・ロッドの重さが125g

・ルアー範囲が5gから18g

5gからルアー範囲に入っているので小型のクランクベイトなんかのスモールプラグをベイトフィネスリールと組み合わせてキャストしてみるのも楽しそうですよね。

BPMのBC-66ML-Gのインプレ情報

ジャッカルからBC-66ML-Gのインプレ動画が公開されています。

馬場プロがBC-66ML-Gについてわかりやすくインプレしてくれていて、カスミ水系がメインの人はぜひともチェックしてほしい内容になっています。

7フィートのグラスコンポジットモデルもチェックしたいところです。

引用:ジャッカル

https://jackall.co.jp/bpm/

コメント

タイトルとURLをコピーしました