【ケイテックのクレイジーフラッパーのインプレ情報】チニングで使ってみたい

ワーム

ケイテックからラインナップされているクレイジーフラッパー。

ケイテックでチニングといえばリトルスパイダーというイメージですが、クレイジーフラッパーという人もいるのではないでしょうか?

バスだけじゃなくてソルトでも使ってみたいクレイジーフラッパー。

 

そんなケイテックのクレイジーフラッパーの特徴とインプレ情報について紹介します。

ケイテックのクレイジーフラッパーの特徴

・高いレスポンス性能

ケイテックの公式ページによるとクレイジーフラッパーは1/8オンス以下のシンカーで高いレスポンス性能があるように設計されているようです。

アフターの時期なんかでスローに誘いたいときでもライトテキサスでふわっとカバー周りでクレイジーフラッパーを使うような使い方もおもしろそうですよね。

・硬いマテリアル

ケイテックの公式ページによるとクレイジーフラッパーは硬いプラスチックを採用しているのでカバーの釣りでも大丈夫なように設計されているようです。

カバーの釣りってテンポよく釣っていくことが多いので、ワームが頑丈というのはテンポよく釣りをしていくうえでも重要な部分ですよね。

個人的にはアフターの時期のバス釣り以外にもチ二ングなんかのソルトの釣りでもどんな感じの反応があるのか実際に使って確かめてみたいですね。

ケイテックのクレイジーフラッパーのインプレ情報

ツイッターにてクレイジーフラッパーのインプレ情報があったので紹介します。

みなさんチ二ングの釣りで使って楽しんでいる感じですね。

引用:ケイテック

https://keitech.co.jp/publics/index/381/

コメント

タイトルとURLをコピーしました