【エバーグリーンのティンバーフラッシュのインプレ情報】リザーバーで使ってみたい

ビックベイト

エバーグリーンからリリースされているビックベイトのティンバーフラッシュ。

いまでは当たり前のようにビックベイトがいろんなメーカーからラインナップされていますが、昔のビックベイトの定番といえばティンバーフラッシュという人もいたのではないでしょうか?

台風だったりで普段通っているフィールドが急激に濁ったようなときに投入してみたいティンバーフラッシュ。そんなティンバーフラッシュはどんな特徴を持っているのでしょうか?

 

ということでエバーグリーンからラインナップされているティンバーフラッシュの特徴とインプレ情報について紹介します。

ティンバーフラッシュの特徴

エバーグリーンのティンバーフラッシュは23センチで重さが3オンスクラスになっています。いまの時代のビックベイトだったら普通の重さですが、昔からこのルアーがあったというのに驚きますよね。

・レンジが1.2メートルまで

シャローレンジを釣るビックベイトという感じですよね。

水面をバタバタアクションさせたり、ちょっと潜らせて誘ったりといろんな使い方をためしてみたいビックベイトではないでしょうか?

個人的には大雨の日のリザーバーでティンバーフラッシュをひたすら投げ込んでいく釣りをしてみたいですね。

・ステイをしてもアピール

エバーグリーンの公式ページによるとティンバーフラッシュは風だったりラインの抵抗でもジョイントボディーなんかのおかげでバスに対してアピールをしてくれる設計のようですね。

存在感のあるビックベイト。立ち木回りでステイさせてバスを浮上させて誘うような使い方をしてみたいですよね。

ティンバーフラッシュのインプレ情報

ツイッターにてティンバーフラッシュのインプレ情報があったので紹介します。

引用:エバーグリーン

https://www.evergreen-fishing.com/goods_list/Timberflash.html

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました