【エバーグリーンのブリムスライドのインプレ情報】琵琶湖のギルパターンで使ってみたい

ビックベイト

エバーグリーンからラインナップされているギル系ビックベイトであるブリムスライド。

ギル系ビックベイトといえばブルシューターとかギルロイドというイメージがありますが、ブリムスライドのギル系ビックベイトのローテーションの1つとして使ったらもっとギル系の釣りが楽しくなりそうですよね。

 

そんなエバーグリーンからラインナップされているブリムスライドの特徴とインプレ情報について紹介します。

エバーグリーンのブリムスライドの特徴

ブリムスライドのサイズは15センチで重さが3オンスクラスになっています。

またレンジが0から1mなので表層付近で誘うような使い方をしてみたいですよね。

・フェザーフックの存在

ブリムスライドにはフェザーフックが搭載されています。

なので、ブルシューターだったりギルロイドとフェザーフックの違いでローテーションするというようなシンプルな使い方もためしてみたいですよね。

またエバーグリーンの公式ページによるとブリムスライドは固定メインウエイト設計によってボディーを安定させてダートからの素早い復帰ができるようになっているようですね。

ギル系ビックベイトをダートさせて使うことが多い人は、こういった設計がされているのはうれしいのではないでしょうか?

個人的には真夏の琵琶湖でギルがぷかぷかと浮いているような状況でぐりぐりメソッドでバスからどんな反応があるのか確かめてみたいですね。

ブリムスライドのインプレ情報

ツイッターにてブリムスライドのインプレ情報があったので紹介します。

引用:エバーグリーン

https://www.evergreen-fishing.com/goods_list/Breamslide.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました