【OSPのベントミノー106Fのインプレ情報】エスケープアクションの使い方をしてみたい

トップウォーター

OSPといえばブリッツとかハイピッチャーなんかの定番ルアーのイメージがありますが、

ベントミノーが好きという人もいるのではないでしょうか?

曲がっているボディーで不規則なダートアクションをしてくれるベントミノーシリーズ。

そんなベントミノーシリーズのなかでもベントミノー106Fはどんな特徴のルアーなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではOSPのベントミノー106の特徴とインプレ情報について紹介します。

OSPのベントミノー106の特徴

OSPの公式ページによるとベントミノー106はオリジナルサイズのベントミノーのアクションを継承してデカバスに対してのアピール力が強くなっているようです。

リザーバーだったりビックレイクなんかでデカバス狙いで表層をサーチするときにベントミノー106を使ってみたいですよね。

もし、ベントミノー106を使う機会があったら朝だったり夕方のような時間帯にベントミノー106のエスケープアクションでバスにアピールするような使い方をしてみたいですね。

ベントミノー106の推奨タックル

OSPの公式ページによるとベントミノー106の推奨タックルは以下のとおりです。

・ベイトタックルなら6から6.6フィートのMLからMパワー

・スピニングタックルなら6から6.6フィートのMLパワー

おかっぱりで使っているようなタックルでとりあえずはキャストしてみて、使用感をチェックしたいですよね。

OSPのベントミノー106のインプレ情報

ツイッターにてベントミノー106のインプレ情報などがあったので紹介します。

引用:OSP

https://www.o-s-p.net/products/bent-minnow-106-f/

コメント

タイトルとURLをコピーしました