【OSPのダイビングフロッグのインプレ情報】亀山ダムで使ってみたい

トップウォーター

OSPからラインナップされているフロッグのなかでポッパータイプがダイビングフロッグになっています。

フロッグといえばラバータイプでテーブルターンをしてねちねちとアクションするイメージがありますが、ポッパーのようにポコポコと音を出してアクションをしてくれるポッパータイプのフロッグがダイビングフロッグです。

そんなポッパータイプのダイビングフロッグはどんな特徴があるのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではOSPのダイビングフロッグの特徴とインプレ情報について紹介します。

OSPのダイビングフロッグの特徴

OSPのダイビングフロッグは60ミリサイズで重さが14gになっています。

OSPの公式ページによるとダイビングフロッグはヘビーカバー以外にもライトカバーだったりオープンウォーターでも扱えるように設計されているようです。

おかっぱりなんかでカバー以外でもオープンウォーターもサクッとチェックしたいときなんかにもダイビングフロッグでチェックできそうですよね。

スピンテールフロッグだったりスケーティングフロッグとローテーションすることによってフロッグの釣りの幅が広がりそうですよね。

もしダイビングフロッグを使う機会があったら亀山ダムのようなリザーバーでスキッピングをしてカバー周りで使ってみたいですね。

OSPのダイビングフロッグのインプレ情報

OSPからダイビングフロッグの実釣インプレ動画が公開されています。

プロの方が亀山ダムでダイビングフロッグをインプレしてくれているのでどんなフロッグなのかイメージしやすい内容になっています。

引用:OSP

https://www.o-s-p.net/products/o-s-p-diving-frog/

コメント

タイトルとURLをコピーしました