【ジャッカルのカバークローグランデのインプレ情報】フックサイズは?

ワーム

ジャッカルからラインナップされている高比重ワームであるカバークロー。

シンプルな形状ですり抜け性能が好きで使っている人も多いのではないでしょうか?

そんなカバークローからはデカいサイズであるカバークローグランデがラインナップされています。

いったいカバークローグランデはどんな特徴があるのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではジャッカルのカバークローグランデの特徴とインプレ情報について紹介します。

ジャッカルのカバークローグランデの特徴とフックサイズ

カバークローグランデの重さは約19gで試したいフックサイズは#4/0か#5/0です。

・バックスライド性能

カバークローグランデはバックスライドができるように設計されているようです。

高比重ワームって、カバー周りで使うことが多いですが、バックスライドセッティングができるようになることでよりカバーの奥のバスにもアピールができるのがいいですよね。

・二つのセッティングができる

カバークローグランデは普通にセッティングする順刺しセッティングとバックスライドセッティングができるようです。

ワームって1つのセットをしてワームがズレたりすると使えなくなったりしますが、カバークローグランデならバックスライドセッティングでワームがズレてきたら、順刺しセッティングとして使うことができて、ワームを長く使えそうですよね。

もしカバークローグランデを使う機会があったら真夏の琵琶湖でウィードに絡めながらノーシンカーの使い方でためしてみたいですね。

ジャッカルのカバークローグランデのインプレ情報

ツイッターにてジャッカルのカバークローグランデのインプレ情報などがあったので紹介します。

引用:ジャッカル

https://www.jackall.co.jp/bass/products/lure/soft-bait/covercrawgrande/#link-feature

コメント

タイトルとURLをコピーしました